甲南大学 > 理工学部 > 物理学科 > 宇宙粒子研究室 > 宇宙粒子研究室の研究内容

宇宙粒子研究室の研究内容



   甲南大学宇宙粒子研究室は、宇宙観測・高エネルギー天文学・宇宙線測定・ 放射線計測・素粒子物理などの分野で、国内外の研究機関と協力しながら 研究を進めています。



高エネルギーγ線望遠鏡計画CTA
   大型望遠鏡アレイによる次世代高エネルギー天文学の国際共同実験

甲南大・12素子電波望遠鏡システム
   12台の1.2m口径電波望遠鏡による高エネルギー宇宙線検出実験

極限エネルギー宇宙線観測計画 JEM-EUSO
   国際宇宙ステーション搭載をめざし開発している次世代宇宙線望遠鏡計画

福島第一原発事故による放射線汚染検出器開発
   少量の試料に含まれるセシウムを検出するγ線検出器開発

最高エネルギー宇宙線観測所 Auger Observatory
   アルゼンチンの砂漠に展開している世界最大の検出器

チベット空気シャワー実験
   標高4,300mのチベット高原での超高エネルギー宇宙線の観測実験



高エネルギーガンマ線物理学について